2023研究業績(論文)

出版された論文・報告書を記載しています(最終更新2023/11/13)。

2023年

査読あり論文

  1. 西澤寛貴,西岡大輔.無料低額診療事業実施施設の都道府県間の差に関する研究.社会医学研究. 2023:40(2);185-191.
  2. Nishioka D, Saito J, Ueno K, et al. Sociodemographic inequities in unscheduled asthma care visits among public assistance recipients in Japan: Additional risk by household composition among workers. BMC Health Serv Res. 2023. 23:1084.
  3. Bossche DV, Zhao QJ, Ares-Blanco S, Peña M, Decat P, Kondo N, Kroneman M, Nishioka D, et al. Addressing health inequity during the COVID-19 pandemic through primary health care and public health collaboration: A multiple case study analysis in eight high-income countries. Int J Equity Health. 2023. 22:171.
  4. Matsuda S, Kotani T, Okazaki A, Nishioka D, et al. Prediction model for respiratory-related mortality in microscopic polyangiitis with interstitial lung disease: multicenter REVEAL cohort studyRheumatology, 2023;, kead444.
  5. Kino, S,  Ueno, K,  Nishioka, D,  Kondo, N,  Aida, J.  Prevalence of dental visits in older Japanese adults receiving public assistance. Community Dent Oral Epidemiol.  2023; 00: 1-8. (Online First)
  6. Ueno K, Nishioka D, Saito J, et al. Identifying meaningful subpopulation segments among older public assistance recipients: A mixed methods study to develop tailor-made health and welfare interventions. Int J Equity Health. 2023;22:146.
  7. Arakawa Y, Haseda M, Inoue K, Nishioka D, et al. Effectiveness of mHealth consultation services for preventing postpartum depressive symptoms: a randomized clinical trial. BMC Medicine. 2023; 21:221.
  8. Arakawa Y, Inoue K, Nishioka D, et al. Remote Communication and Loneliness During the COVID-19 Pandemic: Cross-sectional study. J Med Internet Res 2023;25:e45338
  9. 上野恵子,寺本千恵,西岡大輔,他.救急搬送された軽症高齢者の社会生活状況を多職種で把握・共有するためのチェックシートの開発.日本臨床救急医学会雑誌.26(4) 455-467.
  10. 西岡大輔,西澤寛貴,辻榮孝枝,他.無料低額診療事業(無低診)の可能性と課題:無低診研究フォーラムの開催報告.保健医療科学.2023;72(2):134-142.
  11. 片岡葵,井上勇太,西岡大輔,他.都道府県別の社会経済状況を測る合成指標の開発:健康寿命の都道府県間格差対策に向けて.厚生の指標.2023;70(6):9-18.
  12. Ota K, Takeda Y, Nishioka D, et al. Risk factors for contaminated blood cultures in the emergency department: a prospective cohort study. Microbial Risk Analysis. 2023;100264.
  13. Ota K, Nishioka D, Katayama Y, et al. Epidemiology of patients with dizziness over a 3-year period, requiring utilization of the emergency medical serviced system – A Pre- and Post-COVID pandemic comparative study using the population-based ORION registry. Journal of Vestibular Research. 2023;33(2):127-136.

査読なし論文

  1. 西岡大輔.部署間連携型共同研究による被保護者健康管理支援データの活用:大阪府豊中市との取り組み.日本計算機統計学会シンポジウム講演論文集.2023;37:234-237.
  2. 西岡大輔.【特集:研究報告会2023(2023.8.19)】被保護者の健康および受療行動に関連する地域の社会環境要因 福祉事務所データなどを用いた実証研究.国民医療.2023.360(秋季号).10-17.
  3. 西岡大輔.「健康管理支援事業」を考える 最終回.被保護者健康管理支援事業の展望 .季刊公的扶助研究. 2023;(270):26-29.
  4. 西岡大輔.リハビリテーションにおける「社会的処方」とは : リハビリテーション専門職への期待.総合リハビリテーション. 2023;51(6):639-644.
  5. 西岡大輔.社会的処方の期待と課題:医療経済学の観点を中心に.医学のあゆみ. 2023;285(12):1090-4.
  6. 西岡大輔.研究にトライ! 医療介護の現場の疑問を研究して患者のケアに役立てよう(最終回) 研究成果の発表.民医連医療.2023;(608):48-9.
  7. 西岡大輔.研究にトライ! 医療介護の現場の疑問を研究して患者のケアに役立てよう(第4回) 調査票(アンケート)のつくり方.民医連医療.2023;(607):56-7.
  8. 西岡大輔.「健康管理支援事業」を考える データからみる被保護者健康管理支援事業の着眼点(8) .季刊公的扶助研究. 2023;(269):27-30.
  9. 西岡大輔.研究にトライ! 医療介護の現場の疑問を研究して患者のケアに役立てよう(第3回) 研究計画の立てかた.民医連医療.2023;(606):56-7.
  10. 西岡大輔.研究にトライ! 医療介護の現場の疑問を研究して患者のケアに役立てよう(第2回) 研究疑問のつくりかた.民医連医療.2023;(605):54-5.
  11. 西岡大輔.「健康管理支援事業」を考える データからみる被保護者健康管理支援事業の着眼点(7) .季刊公的扶助研究. 2023;(268):26-9.
  12. 西岡大輔.研究にトライ! 医療介護の現場の疑問を研究して患者のケアに役立てよう(第1回) 研究するために気をつけたいこと.民医連医療.2023;(604): 54-5. 
  13. 中島梨沙,西岡大輔.健康と社会を考える 酔っ払いのおじさんと青白い女の子 医学教育では出会いにくい「社会構造と健康・疾病との関係」の事例 プライマリ・ケア. 2023;8(1):43-5.
  14. 西岡大輔.健康格差社会への対応 健康格差に対する学会・団体活動-国内外の動向 日本医師会雑誌 2023;151(10).